病気・怪我の時

病気・怪我の時

病気や怪我の時どうしますか?軽い症状ならば薬局で薬を買ってきて対処することでしょう。
大きなドラックストアならばクレジットカード対応してくれるので現金を持っていなくても大丈夫です。

 

しかし、症状が重かったり、突然の怪我だったりした場合には「病院に行く」という手段を取らざるを得ません。その場合に現金が必要となります。
大きな総合病院ならばクレジットカード払いに対応してくれることもありますが、現在の日本において、街中の小さな診療所や、中規模の病院ではクレジットカードはほとんど使えません。クレジットカードを導入するにも専用の機械を用意したり、手数料を支払ったりしなければいけないので小さな病院では難しいからです。

 

だったらクレジットカードが使える総合病院に行けばいいと思いがちですが、総合病院に行くには基本的にかかりつけ医の紹介状が必要となります。
行きたい時にすぐに行けるという訳にはいかないんです。そうなるとやっぱりかかりつけの病院に行かなければなりません。診療費の支払いは現金となります。クレジットカードがあっても何の役に立つこともなく、やっぱり現金の用意が必要ということになるということです。

 

自分だけでなく、家族も突然病気が怪我になることもあるでしょう。そんな時に慌てないように医療費となる現金を用意しておきたいものです。